2018年度 第18回本格ミステリ大賞

【小説部門】『屍人荘の殺人』今村昌弘(東京創元社)
【評論・研究部門】『本格ミステリ戯作三昧』飯城勇三(南雲堂)

 

5月11日開票の結果、大賞が以下の通り決まりました。候補作の獲得票数は以下の通り。
全選評は「ジャーロ」No.64 Kindle版に掲載されます。

【小説部門】 有効投票数 45票
『屍人荘の殺人』今村昌弘(東京創元社) 14票
『いくさの底』古処誠二(KADOKAWA) 12票
『マツリカ・マトリョシカ』相沢沙呼(KADOKAWA) 7票
『彼女の色に届くまで』似鳥 鶏(KADOKAWA) 6票
『ミステリークロック』貴志祐介(KADOKAWA) 6票

【評論・研究部門】 有効投票数 27票
『本格ミステリ戯作三昧』飯城勇三(南雲堂) 13票
『【「新青年」版】黒死館殺人事件』小栗虫太郎、山口雄也〈註・校異・解題〉(作品社) 8票
『江戸川乱歩と横溝正史』中川右介(集英社) 3票
『乱歩と正史 人はなぜ死の夢を見るのか』内田隆三(講談社選書メチエ) 2票
『ミステリ国の人々』有栖川有栖(日本経済新聞出版社) 1票

受賞の言葉

COMING SOON