2021年度 第21回本格ミステリ大賞

【小説部門】『蝉かえる』櫻田智也(東京創元社)
【評論・研究部門】『数学者と哲学者の密室 天城一と笠井潔、そして探偵と密室と社会』飯城勇三(南雲堂)

 

5月14日開票の結果、大賞が以下の通り決まりました。候補作の獲得票数は以下の通り。
※従来「ジャーロ」にて掲載していた選評は今後別の媒体に移る予定ですが、現時点では詳細が決まっておりません。具体的なことが決定しましたらお知らせします。

【小説部門】有効投票数 63票
『蝉かえる』櫻田智也(東京創元社) 21票
『欺瞞の殺意』深木章子(原書房) 17票
『たかが殺人じゃないか 昭和24年の推理小説』辻 真先(東京創元社) 14票
『透明人間は密室に潜む』阿津川辰海(光文社) 8票
『楽園とは探偵の不在なり』斜線堂有紀(早川書房) 3票

【評論・研究部門】有効投票数 23票
『数学者と哲学者の密室 天城一と笠井潔、そして探偵と密室と社会』飯城勇三(南雲堂) 9票
『本格ミステリの本流 本格ミステリ大賞20年を読み解く』南雲堂(編)(南雲堂) 6票
『シンポ教授の生活とミステリー』新保博久(光文社文庫) 5票
『書きたい人のためのミステリ入門』新井久幸(新潮新書) 3票
『真田啓介ミステリ論集 古典探偵小説の愉しみ Ⅰ・Ⅱ』真田啓介(荒蝦夷)(こちらの作品に関しての詳細